RSS | ATOM | SEARCH
竹園高校を受験するソフトテニス部の皆さん、県内一優しい顧問と先輩が待ってるよ。受験頑張れっ!!

おはようございます。~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

 つくばは今日もいい天気。

 

 だいぶ日が空いてしまいましたが、茨城県高等学校テニス新人選手権の団体戦の結果です。

 

 

 

 シングルス3試合、ダブルス2試合のうち、3勝したチームの勝ち上がりとなる。

 

 上位2チームは関東高校選抜大会に出場する権利を得るのだ。

 

 最低でも7名の部員が揃わないと試合にエントリーすることができない。

 

 この7名をどう組み合わせて、シングルスとダブルスのメンバーを決めるかが結果を左右する。

 

 娘は先に行われた新人戦シングルス個人戦で優勝しているので、不動の「S1」。

 

 対戦校からすると、わざわざ優勝した「塚田」にエースをぶつけることはない。

 

 対戦校に合わせてメンバーを替えてくるわけだ。

 

 なので娘としては、自分の試合を6−0で素早く決着して、勝敗がもつれそうなチームメイトのコートにベンチ入りし、応援とアドバイスをするのが主な仕事になってくる。

 

 

 

 なんとか準決勝までたどり着いた。

 

 相手は同じ県西地区の茗渓学園。

 

 娘はS1。相手のエースはD1のダブルスに下がって、S1・D1対決を1勝1敗に持っていく作戦。

 

 結果、そのとおりになり、勝敗はS2・D2・S3で2本取ったほうが勝ちとなった。

 

 D2の敗戦が決まる。

 

 残りのシングルスをどちらも取らないとイカン。

 

 娘が先にベンチ入りしたS3の大木ちゃんは勝てる雰囲気。

 

 ここで娘がS2のベンチに来て、顧問の先生に「大木を観に行って下さい(笑)」とベンチから追い出した。(^_^;)

 

 竹園の顧問の先生、やさしい。

 

 先にS3の大木ちゃんが勝利を決める。あと一つ。

 

 S2のヒカルちゃん。4−5と苦戦。

 

 娘が戻ってきたヒカルちゃんと緊急会議。このあたりはツイッターで動画を上げてます。

 

 相手はロブで守ってきている。

 

 ヒカルちゃんへのアドバイスは、左右だけではなく、前後に揺さぶってパッシングショットで決めるというのが戦術らしい。

 

 5−5。盛り上がってくる。6−5,7−5と振り切ったヒカルちゃんの勝利で、竹園高校が決勝に進出。

 

 決勝の相手は東洋大牛久高校。

 

 ここは明らかに総合力で敵わない。

 

 娘はS1対決で、3−4のところで打ち切りとなった。

 

 

 

 これはしょうがない。

 

 相手は全員小さい頃から硬式テニスをやっている。

 

 竹園高校は基本的に公立中学校のソフトテニス部出身。

 

 コートは砂利でナイター設備もない。その点、全力でフォローさせて頂きます、よくやってますよ。

 

 私立全国常連校と公立高校の体格とテニスウェアの差・・・・(*^^*)

 

 で、まだ終わったわけではなく、先に準決勝で東洋に負けた「茨城キリスト」との2位決定戦をしなければならない。

 

 これに勝てば関東行きの2枠に入るのだ。

 

 結果、竹園高校テニス部女子チームは新人戦団体3位となった。

 

 

 

 

 来年はもっと狡猾に、勝てば官軍の気概で戦うべし。

 

 竹園高校を受験するソフトテニス部出身の新一年生を待つ。

 

 自分が関東、全国に竹園を押し上げるんだという気合の入った猛者を待ってます。

 

 一日連絡が取れます。では本日もお気をつけて。


仏事に関するご質問・ご相談は

 029−836−7686

090−1657−5110

メール:1@tsuka-bozu.jp まで。


 浄土真宗本願寺派つくば布教所光善寺

 

  ツイッター @tsukabozu(塚坊主) 

   http://tsuka-bozu.jp/

author:塚坊主, category:-, 08:41
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://1238.tsuka-bozu.jp/trackback/2080